リボ払いのメリットとデメリット

日々の生活に欠かせないクレジットカード、便利ですよね。銀行でお金をおろさなくても、カードを出すだけで決済できます。
また、ポイントもつきますので、私も毎日使っています。
が、支払には要注意です。カードを出すだけで何でも買えてしまいますので、毎月の支払いが膨らみがちです。
一括払いだと払えない、そんなときに目についたのが、あとからリボ。大手カード会社では支払い日までに一括払いをリボ払いに切り替えることができます。
リボ払いというのは毎月一定額ずつ返済していく仕組みなので、分割払いと似た仕組みで支払いに困ったときにとても便利です。
一点だけ注意を要するのは、利息がかかるということです。支払う必要のある金額が低いうちは利息も低いのですが、
支払額がたまってくると、その月は返済額の大部分が利息というような状況を招いてしまいます。
金融機関にとってはゼロ金利時代においてキャッシングやリボ払いは高金利を得られる打ち出の小づちなのでCMやメール、DMを頻繁に目にします。
日本は転職や給料アップがなかなか難しい国ですので、いったん借金が膨らむと、負の連鎖が止まらず、自己破産に至るということがあります。
セーフティネットがあればまだなんとかなるのですが、国民の生活を支援する制度がなかなか実現しません。
ほしいものがあってもぐっとこらえるというのは悲しいものですが、クレジットカードの利用は計画的にする必要があります。
羽毛布団クリーニング 保管